Written by TSUYOSHI

現役エンジニアがおすすめ! 転職できるプログラミングスクール

PROGRAMMING

プログラミング未経験の人
「プログラミングスクールはたくさんあって、どれを選べばよいかわからないな」
「お金と時間を無駄にしたくないので、よいプログラミングスクールを知りたい」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 自分がやりたい仕事から言語を決める
  • 独学とプログラミングスクールの違い
  • おすすめのプログラミングスクール

自分がやりたい仕事から言語を決める

まずはプログラミング言語を決める必要があります。プログラミングスクールのカリキュラムを見るとどの言語を学べばよいかがわかるかと思います。
以下はおおよそのイメージです。

  • Webアプリケーション→RubyPHP
  • フロントエンド→JavaScriptReactVue
  • バックエンド→JavaGo
  • iPhoneアプリ→Swift
  • Androidアプリ→KotlinJava
  • ゲーム開発→UnityC#
  • AI・機械学習→Python

プログラミングスクールのカリキュラムを見るとそれぞれで何ができるようになるかがわかるので、見るだけでも参考になると思います。また全くわからない場合はプログラミングスクールの無料カウンセリングで相談してみるとよいかもしれません。

独学とプログラミングスクールの違い


大前提としてあるのは、スクールに入っても独学と同じように、自分で進んで学習する必要があるということです。
教えてもらおうという姿勢だと挫折する可能性が高く、エンジニアになることはオススメしません。逆に自分で何としてもプログラミングをマスターしてエンジニアになりたいという意気込みがある人はスクールを使うことによって成長を早めることができます。

学習が止まることなくサポートしてもらえる

初心者で独学だとエラーなどで詰まった時に、1時間程度〜場合によっては数日をエラーの原因解析に当てなければならない可能性があります。これを乗り越えていくと更にスキルが上がっていくのですが、初心者の頃はここで挫折してしまうことも多いのが現状です。

特に仕事や学校に行きながらの場合は、プログラミングの学習をするのはハードで、エラーでハマると「今日は全然進まなかった…」となって、これが何度も続くとやる気があった人でも辞めてしまう場合があります。

プログラミングスクールだと講師に質問ができるため、この問題を解決できます。初心者の頃は知識がなさ過ぎて動かない原因の解析などに時間がかかり勝ちなので、この問題をクリアできるのは非常に大きいです。

しかもエラーなどの問題に出くわした時に、現役のエンジニアはどのように調べて解決していくのかなどについても質問することができるなど、多くのことが学べるため、非常に早いスピードで成長することができる点もメリットだと思います。

「現役エンジニアのコードレビュー」が受けられるというのはかなり強力です。

コードレビューはレビューア(レビューする人)のレベルによって、全く違ってきます。レベルの高いエンジニアにレビューしてもらうことは、飛躍的なレベルアップが期待できます。

おすすめのプログラミングスクール


プログラミングスクールの特徴と選び方をお伝えします。
スクールによって、特徴がありますので、自分の支払える金額と内容であったものを選ばなければなりません。

プログラミングスクールはたくさんありすぎて、どれを選べばよいかわからないと思いますが、僕がおすすめするプログラミングスクールは「TechAcademy(テックアカデミー)」と「テックキャンプ(TECH CAMP)」です。

  • TechAcademy(テックアカデミー):継続できる自信はあり、安く済ませたい方
  • テックキャンプ(TECH CAMP):継続できるか不安がある方におすすめ

強い意志があって継続できるタイプかどうかで決めて問題ないかと。

TechAcademy (テックアカデミー)

TechAcademyはオンライン完結で学習ができるのが特徴です。働きながら勉強するのに向いています。より具体的なスキルを身につけることを前提としていて、何を学びたいのかがはっきり分かっているのであればTechAcademyがおすすめです。

オンライン完結のため、他のスクールに比べるとかなり格安だなと感じます。
「エンジニア転職保証」という返金保証のコースもあり、12週でエンジニアになれるコースもあります。

具体的なカリキュラムが載っているので、きちんと学習を完了させることができるなら、実践レベルに到達できると思いました。

TechAcademyのデメリットは、学習のモチベーションを自分で管理する必要があり、意思が弱い方だと挫折してしまう可能性がある点かと。

TechAcademyには無料コースがある

TechAcademyには1週間の無料体験があります。1週間の実際にメンターとやりとりしながらアプリ開発を楽しむことができます。(HTML・CSS・JavaScriptを使った天気予報アプリの作成)
» TechAcademy 1週間の無料体験はこちらから

テックキャンプ (TECH CAMP)

テックキャンプは、転職支援サービスを申し込みした場合は転職できなければ全額返金保証がついているため、挫折しにくい仕組みが整っている特徴があります。
技術的なサポートとモチベーション管理のメンターが別々に専任がつくので相談しやすい環境が整っているかと。全額返金保証をやっているだけあって力の入れようが他とは違い、毎回細かく学習の進捗などを見てくれるようです。

メンタル的な管理をしてくれる「専属のライフコーチ」がついてくれる

未経験者にとっては、挫折してしまったり、やる気が出ないなどを防ぐことができる可能性が高まる良い仕組みです。プログラミングの学習で難しいのがモチベーションの管理です。
ひとりだとダラダラと勉強しがちですが、管理してくれる人がいたり、見てくれる人がいれば、意外とモチベーションが上がって頑張ったりするものです。

「同期がいる」というのも大きな点です。

教室が近くにあって通える人は同期と会えるため、テックキャンプが向いています。
仲間がいるとモチベーションが上がりますし、お金を払ってまでスクールに通う仲間は間違いなく志は高いので、長く切磋琢磨できる仲間となる可能性も高いと思います。

将来フリーランスになるとわかるのですが、フリーランス仲間というのは自分で作ろうと努力しなければできませんし、あまり良い人と出会う機会は意外とありません。スクールであればいろいろな人と出会えるので気の合うエンジニア仲間ができる可能性は高いと思います。

無料のカウンセリングが受けられるため、何から初めてよいのか分からないという人は無料でカウンセリングを受けて、申込みするかどうかを考えるのもよいのではないでしょうか。
» テックキャンプの無料カウンセリングはこちらから

TechAcademyとテックキャンプの比較

テックキャンプはオフラインの教室があるのでやや高め、テックアカデミーはオンライン完結型なので安めという違いがあります。

テックキャンプだとリアルな仲間が作りやすく、挫折しにくいという特徴があります。

TechAcademyはオンラインのみでやることを前提としているので、働きながら通いたい人はこちらの方が向いているかもしれません。

転職支援はテックキャンプの方がよいと思いました。TechAcademyは現役エンジニアが支援するためバラツキが心配される反面、テックキャンプは専門の担当者が対応してくれて実績を見ても安心できると思います。

僕であれば、近くにテックキャンプの通える教室があるならばテックキャンプ、それ以外の場合はTechAcademyを選択すると思います。メンタルが弱いなと自覚がある人は教室が近くになくてもテックキャンプを選択した方がよいかもしれません。

まとめ:オンラインのプログラミングスクールは実は安いという事実

既存のオフラインの専門学校などは、高額で長い期間学ばなければなりませんが、オンラインのプログラミングスクールだと、かなり安い金額でしかも早くエンジニアになれるというのが画期的で大きなメリットです。オンラインのプログラミングスクールであれば仕事をしながら通うことが可能です。

僕が個人的に思うのは、現場経験ほど成長できる場所はなく、できるだけ早く現場で働けるようになることが成長の近道だと考えています。
最短で仕事につけるのがオンラインスクールであり、高額に思える費用も確実にエンジニアになるための投資だと思えば高くありません。
年収が上がればすぐに回収できますし、プログラミングが好きな人にとっては楽しいことをしてお金をもらえるという大きなメリットになります。

プログラミングスクールではきちんとお金をかけている分、きちんとした現役のエンジニアを講師として雇ったり、コスパがかなり高いと感じます。

本記事で紹介したプログラミングスクール