Written by TSUYOSHI

プログラミングスクールに入っても就職できない不安を取り除く方法

PROGRAMMING

エンジニアを目指したい人「プログラミングスクール卒業後に就職・転職できるのだろうか…」
「プログラミングスクールに通ったのに技術スキルが身につかなかった…」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 未経験からエンジニア就職する難易度は年齢によって違う
  • プログラミングスクールに入ってもプログラミングができるようになるとは限らない
  • 解決するにはポートフォリオの作成が強力
  • 未経験で始めるなら最初は辛いのは当たり前
  • 最強の解決策は転職できなければ全額返金保証があるスクールを選ぶのがオススメ

この記事を書いている僕は現役のエンジニアで、未経験からスクールを経て就職→フリーランスになっている経験があります。

プログラミングスクールに通っても就職できないかもしれないという不安を取り除く方法の結論から述べると、「転職保証制度(全額返金の保証付き)があるプログラミングスクールに通う」というのがよいということです。

未経験からエンジニア就職する難易度は年齢によって違う


同じ能力の2人がいる場合、若い方が有利になり難易度が違ってきます。若い人の方が飲み込みが早く意欲的なことが多いため、若手の方が企業に採用されやすい傾向が強いです。

30代で未経験の初心者だと求人は少なくなるため、就職の難易度は上がっていきます。
大手や優良ベンチャーなど人気の企業はライバルが経験者になり数も多いため、30代の未経験で入社できるのは普通の企業〜やや経験者が行きたがらない企業だと思うのがよいと思います。

ここを履き違えて最初から良い企業ばかり目指すと就職できないという状況におちいる可能性があります。まずはどこかの企業に潜り込んで経験を積むことと、スキルアップすることに重点を置くのがよいと思います。

プログラミングスクールに入ってもプログラミングができるようになるとは限らない

自走できない人は成果が出ない

自分で学習を進められない人はスクールに入っても成果が出にくいです。受験勉強などと同じでいくら教えてもらっても自分で学習を進めなければ身につきません。

学習時間が短すぎると就職できるスキルにならない

スクールのカリキュラムは基本的には短期間でステップアップするようになっていることが多く、ある程度の学習時間を割かなければ継続が困難になる可能性があります。
やった分だけ自分のスキルになるわけで必死でやらなければついていけない可能性があります。

スクールの良いところは、問題に当たった時に相談すれば解決に導いてくれるため学習を効率よく進めることができる点です。そのため無駄につまづきすぎることなく、本当にやった分だけ成果につながるはずです。

就職できない問題を解決するにはポートフォリオの作成が強力


未経験から就職するに当たってはポートフォリオの作成は強力な武器になります。
ポートフォリオの制作をやらない人や、本当に手抜きのポートフォリオを作るくらいの人が多いため、技術力は低くてもしっかりとしたポートフォリオを作ってやる気を見せれば、これから伸びていく可能性も示せますし、採用において一歩抜きん出ます。
面接官の経験もある僕が思うのはポートフォリオを作っている人は本当に少ないです。

ポートフォリオの作成によって技術の裏付けができる

ポートフォリオを見せることにより、どの程度まではできるのかがわかります。
未経験者が相手の場合、面接官の立場として併せて知りたいこととしては、そのポートフォリオをどれくらいの期間で作ったかということです。
製作スピードも重要視するところなので、このあたりも意識してポートフォリオを作れるとなお良いと思います。

数を打つことによって目に留まる可能性は高まる。

ポートフォリオが必ず評価されるとは限りませんが、数を打つことによって、目に留めてもらえる可能性が高くなります。
技術力が高い人ほどポートフォリオについていろいろ質問をしてくれることが多いため、そういった面接に出会えるまで根気強く面談することも重要です。
未経験だと面談まで進めることも少ないかもしれないため、数を打つことを意識しましょう。

未経験で始めるなら最初は辛いのは当たり前


エンジニアを続けることができれば手に職がある状態になり「未来は明るい」と言えます。

最初の頃は未経験なのであまり待遇がよくない企業にしか入れないかもしれません。
未経験から始めるなら、最初は辛いのは当たり前。これはプログラミングに限らないと思います。

未経験で就業できる企業は若い人でない限りは、「労働時間が長い」「作業量が多すぎる」「サービス残業してでも期限までに終わらせないといけない」といった若干ブラック企業っぽいところが多いかもしれません。
個人的には、これらは仕方ないと思います。作業量が多いので経験値が多く積めると思うしかないかと。
ただしパワハラなどがあるブラック企業は論外。すぐに辞めてもよいと思います。

特に30代以上の未経験で就職する場合は、耐えて技術力の向上と経験をつけていくしか無いです。未経験からでも就職ができてスキルを身につけることができれば、チャンスはあります。

経験を積めばよい企業への転職も可能で、フリーランスのエンジニアになれれば高単価も狙えるようになります。

最強の解決策は転職できなければ全額返金保証があるスクールを選ぶのがオススメ


未経験から一定の就職ができるレベルまでになるには、ある程度の時間と学習意欲が必要です。早く就職できるレベルに達するには、プログラミングスクールに通うことが確実かと思います。

今は就職支援をしてくれるプログラミングスクールもあり、特に就職できなければ全額返金という保証があるスクールに入れば力の入れようが違うので就職できる確率はかなり高くなると思います。
個人的には、30代以上で転職保証もあるテックキャンプはかなりよいと思っています。

現役エンジニアがおすすめ! 転職できるプログラミングスクールという記事も書いているので参考にしてみて下さい。

まとめ:転職保証制度(全額返金の保証付き)があるプログラミングスクールに通うのが確実です

プログラミングスクールに通っても就職できないのではないかと不安に思っている人は、全額返金保証付きのプログラミングスクールに通うのがよいと思います。
就職して経験を積めれば転職も可能なわけですし、エンジニア転職したい人はまずはエンジニアの世界に潜り込むことが重要なのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。