Written by TSUYOSHI

30代未経験から転職できたエンジニアがおすすめするプログラミングスクール

PROGRAMMING WORK

30代の未経験でエンジニア転職したい人「今の仕事を続けていてもリストラに怯えながら会社にしがみついて生きていくしかない… プログラミングを身につけて手に職を得たいが、転職は可能なのだろうか…」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 30代未経験で転職は可能です。ただし厳しいのが現実。
  • IT人材は不足している ※エビデンスあり
  • 30代以上で未経験からプログラミングスクールに入るなら就職支援は必須
  • 僕がおすすめするプログラミングスクール
  • 30代で未経験エンジニアだと、どういった人材が求められるのか?

30代未経験で転職は可能です。ただし厳しいのが現実。


30代から未経験でエンジニアになることは可能です。実際に僕が30代後半で未経験からエンジニアになれているので断言できます。
ただし絶対にエンジニアになるという意思がないと達成できないとも思っています。

理由は30代で未経験の求人は少なく、難しいからです。ただしエンジニア人材が不足しているのも事実なので、企業側も若い人がいいけど、ある程度できるなら30代の未経験の人でもいいかなと思うわけです。未経験であってもある程度のことができ、やる気があって伸びそうと思ってもらうことが重要かと思います。

転職前より最初は年収が下がるのが当たり前

職種を変える転職では年収が下がるのは当たり前ですが、未経験のエンジニア転職だと全く畑違いになると思いますので、新卒とそれほど変わらない待遇になることは必至です。

月給が20〜25万円前後というのがWeb制作会社の未経験入社の相場だと思います。またボーナスは出ることはほぼなく、残業代は出ればラッキーという待遇だと思います。

未経験での入社はとても大変ですが、入社してからが勝負でもあります。制作の期日に間に合うよう努力するのは当たり前であり、これが出来ない人は脱落していく可能性が高くなります。

IT人材は不足している ※エビデンスあり


IT 人材受給の試算結果」という政府が出している資料がり、これによると2018年時点で22万人のIT人材が不足しているとのこと。高度な技能を持った人材が不足しているということですが、最初は誰もが未経験の初心者です。この伸びている業界に身を置けば、収入アップできる可能性が高いことも意味しています。

僕は企業でエンジニアの採用をやっていた経験もありますが、有名企業は別ですが、ベンチャー企業などでは経験者の応募がほとんどありません。多くの企業は採用活動に常に苦労しているので、きちんとした人材であれば採用したいというニーズはあります。

プログラミング学習前の今の段階で転職サイトで募集を探したりして「自分には無理かも…」と諦めるのは無意味です。やってみないとわからないですし、その考える時間をプログラミング学習の時間に費やすべきだと僕は思います。

30代以上で未経験からプログラミングスクールに入るなら就職支援は必須


30代前半なら普通に就職はできると思いますが、多くの30代以上の未経験でエンジニアを目指す人は、就職支援があるプログラミングスクールに入るべきです。可能ならば、就職できなければ全額返金する保証がついているスクールに入りたいところ。

その理由は、入社することが目標ではあるけれども、入社してからも戦いは続くからです。
分かりやすく言うと、よい企業に入るためにはプログラミングスクールの紹介があって入れるような企業に入る方が絶対によいからです。

僕は30代後半(40歳手前)で未経験からWeb制作の会社に就職したのですが、結構なブラック労働な環境でした。
1社目:超ブラック → 2社目:ちょっとだけブラック → フリーランスになる という経歴です。
お世話になった企業をブラックというのも失礼な話ですが、きつい仕事を乗り越えて今のフリーランスでよい立場まで登りつめることができました。

スクールからの紹介がある企業であれば、ある程度は安心できます。プログラミングスクールを選ぶ時は転職保証があるコースを選ぶようにすることを強くオススメします。プログラミングスクールは、IT系の会社の社長や人事と繋がりをもっていることが多いはずで、そのコネクションを使って転職できる可能性は大いにあると思います。

30代未経験だと一般の転職エージェントでは相手にされないことが多く、自分で未経験の案件を探すしかなく、就職できないリスクがあります。それを考えるとスクールの紹介に頼るのがベターだと思います。

30代にもおすすめできるプログラミングスクール


上記の通りで、2つとも就職できなければ全額返金する転職保証がついているコースがあります。どちらもおすすめなので、カリキュラムを見て自分にあったスクールを選択すればよいかと。

サポートが手厚いのはテックキャンプ、料金が安いのはTechAcademyになります。これらのスクールを紹介している「現役エンジニアがおすすめ! 転職できるプログラミングスクール」の記事もあるので興味のある方はこちらもどうぞ。

お金があるなら2つのスクールを順番に試すのもアリ

もしお金に余裕があるなら、「TechAcademy」(通常コースは年齢制限なし) → 「テックキャンプエンジニア転職」 という手順もありかもしれません。特に30代・40代で自信がない方はセーフティにいくのもありです。

TechAcademyで頑張ってみて、もしそのまま転職できるならベスト。だめなら次にTechAcademyで基礎ができている状態で、転職保証があるテックキャンプエンジニア転職を使えば、かなりの確度で転職できると思います。(これはあくまでお金がある人の場合)

30代で未経験エンジニアだと、どういった人材が求められるのか?


30代であれば、コミュニケーションスキル、リーダーシップ、顧客との折衝能力などが20代よりもしっかりしていると思われれば企業としても取りたいと思う企業はあるはずです。開発においてはコミュニケーション能力はけっこう重要なので、ここがしっかりしているとプラスアピールになります。

30代からエンジニア転職するにはポートフォリオを作ることが大事

30代で未経験の人をとる企業側の立場になればよくわかると思います。20代前半の人であれば育てればよいという感じになると思いますが、30代未経験ならばある程度は最初からできる人でないと企業も取りたくはないはずです。

ポートフォリオはどの程度まではできるのかという、技術の証明が簡単にできる成果物です。未経験であってもここまで作ることができるということが分かれば企業側の目に留まる可能性は高くなります。

ポートフォリオを用意する人は少ないため、「ポートフォリオを準備する=きちんと準備していてやる気のある人」という印象も持ってもらえるはずです。

企業には目的があって30代未経験でも人をとる

例えば企業としては将来ディレクターになって案件を回して欲しいと思っているかもしれません。やるかどうかは別としても、ディレクターになって欲しがりそうな企業の面談では「コミュニケーションには自信があるので将来ディレクターになるのもありかもしれません。」くらいに言っておけば就職できる可能性は高くなるかもしれません。

その企業がどうして30代未経験でも取ろうとしているのかを考えると面談などを突破しやすくなると思います。

いきなりフリーで仕事をとって来れるのか?

営業力と行動力に絶対の自信があるなら、いきなりフリーランスとなって自分で仕事を取るのもありだと思います。自分で仕事を取る場合は、20代よりも30代以上の方が逆に顧客からすると安心できます。
Twitterなどを見ると行動力と営業力がずば抜けてある人は、技術力が不足していても案件をいきなり取れている印象があります。

しかし、いきなり仕事を取れる人はそんなに多くないと思いますし、「自分は行動力と営業力があって自信がある」という絶対の自信がある人以外は、普通にエンジニア転職から始める方がよいと僕は思っています。スクールによってはいきなりフリーランスになることを目標としたコースもあるので、興味がある人はそのあたりの話を聞いてみるのもアリかもしれません。

まとめ:しっかりとした意識をもって努力すれば30代から未経験でエンジニア転職はできます

どの職種でもそうですが30代からいきなり未経験で転職するのは大変で労力がいります。エンジニアも同じで、ここを突破できれば30代以上でも未経験からエンジニアの転職は可能です。

就職してからも戦いは続くので、転職保証のコースがあるプログラミングスクールからよい企業へ就職するのがベターです。

ご参考になれば幸いです。

本記事で紹介した30代未経験でもおすすめできるプログラミングスクール